トップページへ ごあいさつ 病院案内 交通ご案内 関連施設

コラム「ひまわり」

東前病院トップコラム「ひまわり」

コラム「ひまわり」
【リハビリ】
リハビリテーションとは?
一般的に「リハビリ」と呼ばれていますが、簡単に言うと、病気やけがで障害を受けてしまった方々に対して訓練などを行って、残っている能力を最大限に引き出すようにすることです。

ひまわり スポーツ選手が「けがの後、つらいリハビリを行って現役に復帰した。」とか、おじいさんが「入院中、がんばってリハビリをやって、何とか歩けるようになった。」という話を、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。リハビリはつらく苦しい訓練を行う印象を持っている方も多いかもしれません。

でも、リハビリとは決してつらく苦しいものではないと思います。現在の状態をしっかりと理解しながら、その状態に応じた目的を持ってリハビリを行うことで、楽しみながら、活発に取り組めるようになるものだと思っています。

ひまわり 現在の状態とは、患者様の身体面のほか、精神面やライフスタイル、社会性なども重視します。そのため、障害の程度がほぼ同じであったとしても、各人のライフスタイルに応じてプログラムは大きく変わってきます。リハビリには、障害の軽減といったマイナス面を少なくするのはもちろんのこと、人生の質を向上させるというプラスの面を増やすことも求められています。

障害がすべて回復されなくても、患者様が生活を楽しむようにさせることがリハビリテーションの最終目標なのです。  当院リハビリ部門では、現在、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)といった専門職のスタッフが中心となり協力し、身体的側面だけでなく、患者様とその家族が笑顔で生活できるよう、お手伝いしてゆきたいと思っています。
コラム「ひまわり」