トップページへ ごあいさつ 病院案内 交通ご案内 関連施設

コラム「ひまわり」

東前病院トップコラム「ひまわり」

コラム「ひまわり」
【リハビリ】
理学療法とは?
ひまわり 理学療法(Physical therapy;PT)とは、身体に障害のある人々や、障害の発生が予想される人々に対し、その基本動作能力(座ったり、立ったり、歩いたり)の回復や維持、及び障害の悪化の予防のために下記の療法を行っていきます。どちらかというと、能力障害(日常生活動作活動など)からの視点でアプローチしてゆく作業療法と比べ、機能障害(関節の拘縮や筋力低下など)の視点からアプローチしていくことが多い部門です。

●運動療法
疾病に応じた治療運動(関節の曲げ伸ばしや筋力の強化等)を行い、身体運動機能の回復を促進します。
●日常生活動作活動
生活に必要な身の回り動作(食事・更衣・排泄・入浴等)を行う際に、できない動作行為を現状の機能でどのように代償すれば効率的に行うことができるかを考え,治療プログラムを実施します。
●温熱療法
痛みの部位を温めることにより循環作用を改善し痛みを押さえ新陳代謝を促進します。
●電気光線治療
筋肉の萎縮防止や鎮痛作用を目的として低周波、極超短波等の機器を用いた治療法です。
●水治療法
水の特性である浮力や粘性を利用してプール内で、筋力増強運動、歩行練習等を行う治療法です。また、温熱効果による鎮痛作用もあります。

当院の理学療法は、患者様が笑顔でリハビリを行えるよう、明るい雰囲気づくりを心掛けています。(“歌って踊って笑いのとれるリハビリ”のお笑い部門を担当しています。)
コラム「ひまわり」