トップページへ ごあいさつ 病院案内 交通ご案内 関連施設

コラム「ひまわり」

東前病院トップコラム「ひまわり」

コラム「ひまわり」
【栄養】
食べ物は自然の薬
冬になると冷え性に悩んでいると言う方々に、今回は食べ物の性質について取り上げてみました。

ひまわり 東洋医学では食べ物を、「寒、涼、温、熱、」そして「寒」にも「熱」にもかたよらない中間のものは、「平」という分け方をしています。これは食べ物が、私たちの身体の中に入った時、身体を冷やすほうに働くか、温めるほうに働くかを表しています。しかし、食べ物は、この性質を調理の仕方で変えることもできます。例えば、ダイコンの性質は「寒」ですが、煮ると「平」に変わり、そこに、「温」の性質を持つショウガを加えると、「温」として働くようになります。これからの季節は下の表を参考に身体を温める作用のある「温」の食材を摂取し、冷えを解消しましょう。

 
(余分な水分を取る)

(体の潤いを増す)

(温める)
カボチャ ふき かぶ 羊肉 豚レバー さくらんぼ 山椒 胡椒 シナモン 唐辛子 玄米 にんにく ニラ らっきょう 大葉 生姜 ねぎ 玉ねぎ 鰺(あじ) 鰯(いわし) 鮪(まぐろ) 河豚(ふぐ) 味噌 紅花油 菜種油 日本酒(燗) 赤ワイン もち米 にんじん パセリ 鰤(ぶり) 鯖(さば) 海老(えび) 牛肉 鶏肉 鶏レバー 松の実 クルミ 梅 もも あんず りんご パイナップル ラズベリー 酢
小豆 そら豆 えんどう豆 大豆 枝豆 とうもろこし 春菊 鮎(あゆ) 鯛(たい) 鯉(こい) 鮑(あわび) ぶどう 米 じゃがいも 里芋 椎茸 大根(煮) キャベツ ブロッコリー 胡麻 銀杏 秋刀魚(さんま) 鰻(うなぎ) ブルーベリー いちじく ヨーグルト ほうじ茶 紅茶 さつま芋 山芋 百合根 栗 れんこん きくらげ たこ イカ ホタテ クラゲ 鰹(かつお) 牛レバー 豚肉 卵 すもも プルーン レモン 牛乳 黒砂糖 はちみつ

(冷やす)
そば ごぼう 大根(生) きゅうり レタス セロリ アスパラガス もやし 白菜 冬瓜 昆布 ひじき シジミ アサリ ハマグリ 鴨肉 みかん いちご スイカ 緑茶 コーヒー 烏龍茶 茄子 にがうり 鮭(さけ) 蟹(かに) 海苔 メロン キュウイ ごま油 オリーブオイル 塩 醤油 小麦 トマト ほうれん草 たけのこ 牡蠣(かき) 梨 柿 バナナ びわ グレープフルーツ みかん 豆腐(冷) 白砂糖 麦茶 ビール

ひまわり 健康の源は、食事です。体を冷やす作用のある食べ物は、夏に採れるものに多いように、季節や旬を考えて適した食材を利用しましょう。食材それぞれの性質を良く知って、素材の力を生かしてあげれば、薬に頼らなくとも、ちょっとした体調不良や体質の改善は、自分の力で手軽にできます。美味しく食べて健康に!毎日の食事を工夫しましょう。
コラム「ひまわり」